屋根カラーベスト洗浄工事、汚れ、旧塗膜を徹底的に落とし、強化シーラー+中塗り+上塗り、計3~4回塗り仕上げになります。

   塗替え前                  高圧洗浄作業            黒い部分が旧塗膜  

 下塗り強化シーラー1回~2回塗り    中塗り・上塗り2回塗り             仕上り                 

セメント瓦、カラーベストは耐用年数が15~20年程度、早めの塗替えで30~40年と耐用年数を延ばす事が出来ます。

セメント瓦塗替え前                 塗替え後               カラーベスト塗替え前

カラーベスト塗装工事作業           塗装完成A            塗装完成B

日本ペイント・SK化研・日本特殊塗料・関西ペイント・その他メーカーの製品をご用意しております。

                                                                                                                      クリア仕上げ

 

 

家の屋根や外壁を見て、あてはまるものにチェックを入れましょう。

 

□1:新築から10年以上経っている。または、前に塗り替えてから10年経っている。

□2:屋根、外壁が色あせてきた。           □8:  金属部分にサビが出ている。

□3 : 屋根、外壁の汚れが目立っている。      □9:  外壁サイディングが浮き上がっている。

□4 : 外壁を触ると手に白い粉がつく。       □10:雨漏りしている。

□5:外壁に藻やカビ、苔のようなものが付いている。□11:雨樋の壊れた所から雨水漏れている。

□6:外壁に小さなひび割れが見られる。      □12:ベランダ床の防水が剥げてきている。

□7:サイディングの目地コーキングに細かいひび割れ、亀裂が有る。

 

診断結果                

8点以上:今すぐ検討したい、外壁リフォーム適齢期

4~7点 :そろそろ考えたい、塗替え準備期

3点以下:将来に備えたい観察&計画期

 

サイディング目地シーリングの耐用年数は10年程度、早めの点検、同時に外壁塗膜の防水性と性能検査をお勧めします。

外壁サイディング目地、サッシ廻りシーリング撤去+プライマー塗り+シーリング打ち替え

サイディング目地亀裂             目地の亀裂雨漏りの原因       カッターナイフで旧シーリング撤去

      サッシ廻りシーリング撤去    サイディング目地 シーリング撤去         撤去後プライマー塗り 

サッシ廻りシーリング打ち         壁目地シーリング打ち            壁、サッシ打ち替え完了 

屋根、外壁の塗替え工事                    塗替え前   白色下塗りプライマー+ベージュ色中塗り+仕上げ

見積もりから施工まで

 

①お客様からの見積もり依頼、屋根・外壁の点検、工事内容工法の提案、塗料のグレード選定、約一週間で見積書提出になります。

②契約、工事日程が決まりますと、工事一週間前に近隣のご挨拶廻り、工事日程のチラシをもって説明します。

③足場組立 

④屋根・外壁、高圧洗浄 

⑤屋根・外壁の点検、悪い箇所が有れば下地補修工事。

⑥外壁サイディングの場合は目地・サッシ廻り、既存シーリング材の撤去、新シーリング材打ち替え工事。2、3日間乾かします。

⑦下塗り材:シーラー・プライマー・微弾性フィラー、下地素材により下塗り材が変わり、又下地の劣化状態より1~2回塗ります。

⑧仕上げ材:中塗り ・上塗り2回塗り計3回塗りとなります。

⑨水切り・庇・雨戸鉄板の場合は錆止め塗料を塗り+上塗り仕上になります。

⑩破風・雨樋等はプライマー+上塗り計3回塗り仕上げです。

⑪最後に点検 

⑫足場撤去工事 

⑬家の周り掃除で終了です。

⑭弊社は工事写真を足場組立~塗装工事経過を写真アルバム、説明入りでお客様に提供しております。 

 

工事の注意点

 

※建物築年数、素材の痛み具合により塗料の選定が一番重要になり、これを間違えると本来の耐用年数に達し無い場合が有ります。

※大きな金額ですので、そう何回も塗替え出来ません。少し安いからと、飛びつくのも危険です。

※塗装工事の質を落とさない、丁寧な工事をする事で住まいを長持ちさせる事が出来ます。

※あまり大幅な値引で契約を急ぐ業者は要注意?(業者選びは慎重に検討)

 

 

 

 

 

画面をクリックしますと大きくなります。

 

屋根塗料、外壁塗料にも色んな種類が有り、屋根、外壁の素材により扱う塗料が変わってきます。

築年数、屋根、外壁下地の劣化状態により下地補修して、素材に合った下塗り材を塗ります。

どんな優れた塗料でも、正しく施工をしなければ、耐久年数に現れてきます。

お問い合わせフォームからお問合せ下さい。

後日担当者よりご連絡を致します。

お急ぎの方はお電話でお問合せ下さい。

見積もりの時に建物の図面をご用意頂けたら助かります。ない場合は結構です。

お客様の個人情報は弊社の個人情報保護方針により管理致します。



営業時間

定休日:日曜日・祝日

TEL: 075-953-7674

FAX: 075-952-4724

E-mail yamaminami2@gmail.com

お問合わせはこちらから